肌の「糖化」と「酸化」の関係

肌の「糖化」と「酸化」の関係 要チェック 糖化と酸化は同時に起こっている


ホットケーキは牛乳や卵というタンパク質に砂糖を混ぜて焼きます。こんがりと褐色に変化するのはメイラード反応(=糖化)が起こるためです。 これとまったく同じことが肌にも起こってきます。


同じように空気に触れたリンゴの断面は時間とともにどんどん茶色くなり、萎んでいきます。これは空気に触れることで酸化したためです。 これと同じことが肌内部でも活性酸素にさらされた細胞で起きてます。


糖化も酸化もいずれの場合も問題は肌の構造を変性させて細胞を劣化させてしまうということです。それにより細胞の活性が失われ、機能が低下することで どんどん肌老化がすすんできてしまうわけです。


糖化と酸化は基本的には同時に起こっています。AGEsと活性酸素が同時に発生するからです。 そして糖化した肌はより酸化が進みやすく、酸化した肌はより糖化がすすみやすいという関係になっています。


これは逆に考えると糖化を防ぐことは酸化を防ぐことにもつながるし、酸化を防ぐことは糖化を防ぐことにもなります。抗糖化と抗酸化は基本的にはほとんど同じだと思ってもらって構いません。


これまで抗酸化は意識していたけれど、抗糖化は意識してこなかったという人は多いと思うんですが、抗酸化を意識した生活やスキンケアをしていれば多くの部分で抗糖化にもなっているのでそんなに深刻に考えなくてもいいです。

抗酸化を意識することは抗糖化にもなる!

抗酸化を意識することは抗糖化にもなる! 要チェック 何が引き金になるのかチェック!


活性酸素が増えて酸化がすすむとそれに応じてAGEsも発生、蓄積しやすくなります。そのため抗酸化を意識することは同時に抗糖化にもなるということです。 抗酸化として意識したいのは以下のとおり。


要チェック 紫外線
要チェック ストレス
要チェック 食品添加物
要チェック 薬剤
要チェック 排気ガス
要チェック タバコの煙(受動喫煙含む)


これらは体内に活性酸素を増やしてしまう原因になりますからできるだけ避けるようにしてください。


こうした活性酸素を増やしてしまう原因を避けつつ、糖質の摂取量を減らしたり、食べ順を変えたりして糖の吸収をゆるやかにして 血糖値を上げないようにする抗糖化対策を加えれば概ね抗酸化&抗糖化対策は十分だと思います。


スキンケアにかんしては抗酸化のためのサプリやスキンケア化粧品はいろいろとありますが、抗糖化についてはまだまだ少ない状況です。 特にスキンケア化粧品となると圧倒的に数そのものがない状態で、当サイトで紹介しているような抗糖化美容液のほかはあまりパッとしません。


抗糖化美容液について 詳細はコチラ
Copyright © 2014 黄ぐすみ対策用の抗糖化美容液~高保湿とハリ・ツヤ実感のおまけ付· All Rights Reserved·