太っているほど糖化が促進されるという事実!

太っているほど糖化が促進されるという事実! 要チェック 太っている人ほど肌が黄ばみやすい!?


そういえば太っている人って肌が黄ばんでいる人が多いです。


それもそのはずで、AGEsの蓄積量というのは肥満度に比例して増えていくからです。 脂肪の量=肌にAGEsが蓄積されている量といえるので肌も当然、黄色くなっていくわけですね。(※AGEsは茶褐色です。)


AGEsは肌のコラーゲンと体内の余剰糖質が結合する糖化によって生成される成分です。ここで覚えておいてほしいのは「余剰糖質」というところ。


糖質は脳や身体のエネルギー源として働いてくれるものですが、摂取した分すべてがエネルギーとして消費されれば糖化に回される余裕はないんですね。


エネルギーとして使われなかった糖質は脂肪になって蓄積され、それでもまだ余っていると皮脂の材料になったり、糖化を促進する原因になったりします。 糖質が余った状態になってしまっているかどうかというのは体型をみればわかりますし、体脂肪率を計ればよりはっきりします。


というわけで抗糖化ケアでまず最初に取り組まないといけないのは適正体重の維持なんです。すでにたっぷりお腹にお肉が付いている人はなんとかして それを落とさないといけませんし、糖質を多く含む太りやすい食事習慣を改めないといけません。太っている人はとにかく痩せましょう。


筋トレや有酸素運動というのはダイエットの王道ですが、抗糖化や抗AGEsにとっても重要なものです。筋肉量が多いほど糖化を防ぐことができますし、 食後すぐの有酸素運動も血糖値の上昇を防ぎ、糖化を防ぐことができるからです。


ダイエットと並行して抗糖化スキンケアを。 抗糖化美容液はコチラ

太る食事=糖質が多い食事に要注意!

太る食事=糖質が多い食事に要注意! 要チェック 糖質の多い食事がAGEsを増やす!


太っている人というのは摂取した糖質をエネルギーとして消費しきれていないということに加えて、そもそも糖質を取りすぎているということがあります。


要チェック 菓子パンや白米など炭水化物が大好き!
要チェック 揚げ物やお菓子、甘いものが大好き!
要チェック 早食い&大食いである!


こういう人は糖尿病になりやすいんですが、実は糖尿病というのは糖化の極致といって良い状態なんですね。 実際に糖尿病の人は驚くほど肌が黄ばんでいます。「黄ぐすみってこういうことか!」というのがよくわかるぐらい黄色いです。


そして、そんな糖尿病患者のための糖質制限食というのがまさに糖化を防ぐ食事として理想的なものなんです。


糖尿病食というのは低GI食品という血糖値が上がりにくい食品を中心にした献立が組まれるわけですが、 「糖質の多い食事=血糖値を上げる=AGEsを増やす」という関係を考えるとこれはそのまま黄ぐすみを防ぐことにもつながります。


ただし、健康な人が糖尿病食は続けるのは辛いです。そのため黄ぐすみを防ぐための食事方法としてはストレスにならない程度に糖質を控えて、低GI食品を食べるということと一緒に 食物繊維を多く含むものを先に食べて糖質を含むものは最後に食べるという「食べ順を変える」というのが推奨されています。


先に食物繊維を食べておくことで糖の吸収が穏やかになり、なおかつ食べ過ぎを抑えられるので糖化防止になるんです。


蓄積したAGEsは専用美容液でケア! 詳しくはコチラ
Copyright © 2014 黄ぐすみ対策用の抗糖化美容液~高保湿とハリ・ツヤ実感のおまけ付· All Rights Reserved·